添削募集 | 司法試験過去問答案添削(全年度・全科目)
過去問

添削募集 | 司法試験過去問答案添削(全年度・全科目)

司法試験(平成18年度から令和元年度まで選択科目を除く全科目)の答案を添削いたします。
※私は予備試験の受験経験がありませんので,予備試験は取り扱いません。
※添削希望の過去問につき,その年度に迷われたらご相談ください。
※答案は,1通につき2000円となります。
※私の属性については,私のページをご覧ください。

★過去問添削の意義

司法試験も,他の試験同様に過去問の検討が重要です。過去問にて出題済みの論点が問われることも今まで多くありました。多くの受験生は,過去問を解いてきていますので,過去問で問われた内容は最低限おさえなくてはなりません。また,すでに解いたものであっても,添削を受けることで,形式面での修正や,論点の記載方法(有り体に言えば答案の書き方)などが身に付くはずです。何度やっても発見があるのが司法試験の問題だと考えています(すごいですね試験委員の先生方)。

★答案の添削内容

作成いただいた答案は,形式面,内容面の両面から添削いたします。答案添削をしていると,とても多くの方が形式面で損をしているのを目にします。形式面を整えるだけでとても良い答案になります(司法修習の起案でも,形式面は評価に影響を与えます)。内容面に関しては特に,論証が長すぎる方,論証を過度に大展開している方,が目立ちます。重要な点に絞った答案(ピントのずれていない答案)となるように添削いたします。また,必要に応じて,資料を添付いたしますので参考にしていただけたらと思います。

★答案作成の方法

答案作成自体は,本番と同様の時間・環境でおこなわなければ意味がありません(せっかく2時間もかけて手が痛くなるほど書くので,十分な意義があったほうが良いですよね)。そこで,以下の要領で答案作成をおこなってください。

時間:2時間(途中答案になってしまいそうであれば,どこまで2時間で書けたのかわかるような記載をしておいてください)
場所:なるべく邪魔の入らない教室,自習室,自宅など
準備物:司法試験に準ずるもの

★答案の提出方法

書き込みをした問題用紙,草稿用紙,答案用紙,以上の3点をメールでご提出いただきます。
※問題用紙にどのような書き込みをするかも,とっても重要です。

★アフターフォローについて

添削内容でわからない点があれば(それは私の説明不足です),メールなどでフォローしますので,ご安心ください。

★最後にお伝えしたい重要な点

私は,よく予備校本についている順位1桁台の再現答案を参考にしていましたが,あれは良くありません(すぐにやめました)。1桁台の答案は,条文,判例を血肉になるまで理解して,基本の型をあえて崩しています。これを,中途半端な理解のまま真似しようとすると,「理解していないなこいつ」と思われること請け合いです。また,基本の型で押さえておけば応用は可能ですが,上記の崩された型では応用は困難です。任官を目指され,トップ合格をしたいという方は別ですが,無難に合格したいという方は,しっかりと基本の型で書き上げることを勧めします。

報告する

投稿者

漠ちゃん
漠ちゃん

総合順位100〜499位

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

コメントするためには、 ログイン してください。