おすすめの行政法の勉強法【司法試験合格者が実践】

本記事は、司法試験合格者インタビューにご協力いただいた方々の回答を、行政法の勉強法について、再整理したものになります。

本記事を読めば、司法試験合格者が実践した

行政法のインプットの勉強法

行政法のアウトプットの勉強法

の方法がわかります。

行政法のインプットの勉強法

行政法の基礎知識習得(インプット)のための学習としてどのような勉強法をしていましたか?使用した教材を示しながら具体的に説明してください。

行政法の学習は伊藤塾の入門講座のインプット講義を1周したことが最初の第一歩になりました。ただ、正直なところそれでは全く理解できなかったので、『基本行政法』を通読することで軽く理解できるようになったかなぁという状況になりました。あとは『基礎演習行政法』という問題集がかなり役に立ったと感じてます。2、3周くらいはしたかと。行政法はいろんなものに手を出すよりも、上記の2冊を何度も読むことでちょっとずつ理解していった感じですね。

行政法は,インプット教材としては『基本行政法』を使用していました。とはいっても,これを通読したことはありません。私は,アウトプットなしにはインプットが全くできないタイプの人間なので,まずは過去問や答練でアウトプットをして,そこで書けなかった部分やわからなかった部分について『基本行政法』で確認する,という感じでした。『基本行政法』は判例も多く載っていますし,今の受験生の多くが使っている教材なので,インプット教材として適していると思います。
 行政法は,特にインプットするべき部分が少ない科目なので,「処分性」「原告適格」など,確実におさえるべき定義などだけは一言一句違わずに暗記しておきましょう

行政法のアウトプットの勉強法

行政法のアウトプットのための学習としてどのような勉強法をしていましたか?使用した教材を示しながら,具体的に説明してください。

アウトプットに関してはこれといった特別な勉強はしていませんが、判例の規範を書いて暗記するくらいはしていました。答案を書くこともロースクールの定期試験くらいでしかやってなかったので、アウトプットの学習という点ではかなり少ないのかなぁと思います。ただ、自分で答案を書くことは少なかったですが、『事例研究行政法』や『実戦演習行政法』などの問題集を読むことはありました。あとは、再現答案を読んで何となく答案の形を頭に入れつつ、判例を読んで当てはめの着目点を頭に入れつつ、といった感じで答案を書く際のイメージを深めていました。

行政法のアウトプットには,とにかく過去問を使用しました。行政法の過去問をとくゼミを組み,他の人の答案を見ながら,どの部分がみんな書ける部分なのか,書き負けていないか,確認していました。
 それから,行政法は,とにかく誘導に乗っかり切ることが合格への近道です。リード文,問題文,対話文など,あらゆるところで各問に対する誘導がされています。行政法は誘導に乗っかれば,採点側が求めている答案構成を作ることができるので,あとはそこに肉付けしていく感じです。
 それから,行政法は誘導に乗っかると,配点表もかなり見えやすい科目だと思います。裁量についてはこの2つについて検討してほしいんだな,そこにそれぞれ配点があるんだな,とか,過去問を繰り返すうちにそういうことが見えてくると思います。

報告する